Levitraレビトラ20mg12錠の効果について

  • レビトラ(Levitra)とは

レビトラ(Levitra)は2004年に日本厚生労働省に承認されたから、現在たくさんの方に利用されています。レビトラはバルデナフィルという有効成分が含まれております。レビトラ(Levitra)は男性機能の勃起不全や、勃起を持続できないか方の治療を目的としたED治療薬です。空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果が見られます。レビトラ(Levitra)正規品は食事に影響されやすいですので、空腹時に利用することをお勧めいたします。一般的にセックスをする前の30~60分に使用します。初めてレビトラを利用する方には10mgを服用したほうがいいです。厳重な患者さんは20mgならいいです。薬の効き目によって、使用量が少し増加することも可能です。一日に一回を使用するのがお勧めです。

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。アレルギーがある方にご遠慮です。また、硝酸剤、HIV治療薬、抗不整脈薬、抗真菌薬は、レビトラとの併用ができないお薬です。ぜひご注意ください。もしこれらの併用禁忌薬を服用している場合は、体に厳しい状態を招く恐れがありますので、これらの併用薬を一緒に飲むのがやめて欲しいです。

レビトラ(Levitra)正規品の保存と言えば、子供の手の届かない場所に置いたほうがいいです。それに、密封貯蔵で25℃以下してください。

  • レビトラ(Levitra)の効果

(Levitra)は、バイアグラに続くと副作用が最も少ないED治療薬です。ED治療薬レビトラを服用した後、動脈を細くして血流量を減らす酵素、PDE-5の活動を抑制し勃起を促進する効果があります。バイアグラやシアリスと比べて、レビトラの勃起力が一番と言われています。また、即効性が速い、効果の持続時間も長いことが知られます。ED治療薬レビトラを服用後15~30分後から効果を発揮し、以前より激しい勃起ができます。最大10時間までの効果が持続できます。それに、ED治療薬として小粒の薬が飲みやすいです。食事の影響を受けにくい、他の飲料も一緒に飲んでもらうことができます。これはレビトラの特徴です。

バイアグラより患者さんの勃起持続時間を保つことができます。ある重症の患者さんはレビトラを飲んでもらうと、勃起ができることになります。患者さんの希望を寄せるレビトラは、すでに多くの国に認められました。また、糖尿病や前立腺病などの患者さんも利用することができます。ある学会で発表されました。